キラキラ光れ

ひとみが君を見つけたら

10周年を迎えた彼らが目指すところ

 

やっとこ盛り上がってきたHey!Say!JUMP10th Anniversary year

ベストアルバム、特典の弱さに買わなかった人も多いみたいだけど、わたしはとりあえず全形態手元に!(確かにとても10周年とは思えないけど。w)

買ってない人、渋谷TSUTAYAに全形態売ってたよ!買って!笑

渋谷TSUTAYAの盛り上げ方、純粋にかわいかった!よかった!テンションあがった!うれしかった!

ちなみにAmazonで予約開始してすぐ予約したけど、届いたの発売日翌日だったよ。フライングさせてくれないAmazon。www

次回から楽天に戻すわ。www

でも楽天、気付いた時には予約終わってんだよな。社会人には厳しい。

予約開始がやや遅いAmazonセクシーサンキュー。(どっち)

 

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(初回限定盤1)(DVD付)

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(初回限定盤1)(DVD付)

 
Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(初回限定盤2)

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(初回限定盤2)

 
Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(通常盤)

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(通常盤)

 

 

 

 

 

さて、話は10周年を迎えて思うこと・・・

事務所の方針なのだろうけど、ここにきてやっとみんなを横一列にしたいんだなぁ、ということ。

 

今まではもう、絶対的センターのやまちゃん、映画メインで活躍の場が広がってきたちねちゃん、ドラマに映画にと俳優業はもうすっかり板についた裕翔くん、お昼の顔からほかにもいろんなところでみれるようになった大ちゃん、伊野尾革命でしっかり確立できた伊野尾くん、、、とここら辺りは世間的に見てもわりと顔が知れてきて知名度にも貢献できたかな、というところから。

 

深夜ドラマ枠であるものの、ドラマ出演にA.Y.Tも結成して髙木くんの活躍の場もできた、光くんヒルナンデス!以外の仕事もついた、

3年ぶりにドラマ出演している薮くん、薮くんに至っては最近ちょこちょこ曲中にセンターがあったり、ベストアルバムでも歌詞カードの中での並びがセンターになったり、Mステでも座る位置がずいぶんタモリさん寄りになっていたり曲中コメントを代表して言うのが彼だったりと、地味ながらにも推してきているなあという感じはひしひし・・・これはまた別の記事で。

圭人はもうひとがんばりかな。。。いたジャンで一人ロケに行ったりしてはいたけど、いたジャンはやはり自分たちの番組かつ深夜番組。内輪だもんね。もっとわかりやすく推されるまではあと少しなのかな。

 

個人の仕事もそうだし、各々、パートもずいぶん増えて、歌番組でも映る割合が均等になりつつあるような。

 

 

そんな風に彼らが推される一方で、大ちゃんだったり伊野尾くんの活躍の場が減っているように見えるのも事実。あくまでどう見えるかは人によると思うけど、わたしにはそんな風に見えたりするんだよね。

9人いればそれはそう、全員が平等に活躍するなんて難しい。

9人って多いんですよ。

最近雑誌解体してファイルに移しながらしみじみ思ったわ。ってなんの話やん。

 

 

 

 

 

10年前Ya-Ya-yahの薮くんが好きだったわたしは、突然端に追いやられた薮くんをもうまったく受け入れられなかった。真ん中に後輩Jr.だった子たちが居るのも嫌だったし、Ya-Ya-yahが解体して、うち半分のメンバーは退所となってしまったこと、でもデビューを選ばざるを得ないこと、そしてあの立ち位置にいる薮くんを思うとわたしも高校生ながらに結構心が痛んだわけです。まあ大半のYa担と心中同じくしていたってことです。

言わずもがなそれは彼自身が最も痛感していたことで、だけど10年かけて自分がグループでできることを掴めたんだなと、ここ数年の彼をみてよく思う。たぶん私たちファンも同じで、10年かけて彼の立ち位置に不満もなくなって、自分も含めて受け入れられてる人が多いなって思う。

実際どうかは知らないけど、"アイドル"として、私たちの目に映るいまの彼は穏やか。安定感があって、不安に思うことが少なくなった。

これまた別記事で書こうとは思うんだけど、なんだか最近空回りすることもずいぶん減った気が。笑

それも含めて、安定感がありすぎて結婚でもするんじゃなかろうかと新手の不安はよぎるけど。w

 

でも、そんな彼がいま推され始めて立ち位置が真ん中のほうに来るよ、とかソロパートが増えるよ、とかそんなチャンスがあるなら物にできたらいいなあとも思う。

 

彼ら以外のみんなもそうで、世間に名前と顔が浸透していったらいいよね。

きっとチケットも取れなくなって、会いに行ける回数が今より減っちゃうかもしれないけど、そうなったらもうそう。仕方ない。きれいごとにはなるけど。

彼らの頑張りが報われれば、うれしい。

彼らが10周年を迎える間に、わたしも一緒に年齢を重ねてきたわけで、全身全霊でそう思えるような大人に!

は、残念ながらまだなれていないのでw、会いに行けるうちは会いに行っておこう。。。

 

 

だからツアーはよ!!!!!