キラキラ光れ

ひとみが君を見つけたら

SNSにおいての持論

圧倒的SNS世代。だと思う。

前略プロフィールから始まって、リアルやらアルバムを多様したのち、ブログがあったりしながら、

mixiTwitterFacebookInstagram、LINEetc...

この辺りのSNSには全て触れてきたと思うし、わたしはSNSをめちゃくちゃ使う方だと思う。

もちろんそれが原因でいくつもトラブルに遭ったし、やな思いも沢山してるけど、もう切っても切り離せないものです。

 

 

 

そんなSNSにおける持論。

 

発信するのは自由です。

それを誰に向けて発信するかも自由。

不特定多数の人に向けてだろうと、特定の人に向けてでも。

発信の責任は全て自分にあると思う。

 

 

SNSでのやり取りが直接人間関係に響いてしまうのも、もうSNS世代の特性だと思う。

フォロー・フォローバック・いいね・コメント。

気を遣ってすることもあるだろうけど、最近はありがたいことにミュート機能なんかも登場しまして。

不意に流れてくるのを防衛できるようになった。

これはマジでありがたい!

多分、意識してなくても自分が好きじゃないものだったり、不快に思うものって目に入るだけでストレスになる。

だから、受信する側としてできること。

自分で防衛できるものは防衛する。

そうすればいいと思うんですよね。

 

極論フォローしなければいい。

現にわたしは、リフォローしてないことも多いし、フォローしたあとにやっぱり苦手だなだと思った人はフォローを外すこともある。

対面では普通なのに、SNSになるとイタい感じがする人とか、印象が変わってしまう人。距離感を保っておきたい人。etcetc...敢えてフォローバックしないことも多くあります。

 

 

 

発信したい人はすればいいと思う、時に受信する側のことを考えずに。

考えた上で使う、という使い方も大半だと思います。例えば不特定多数に公開してる場合とか。

でも、よりプライベートなところに関わるSNSを取り扱う上では、自分勝手な使い方をしてもいいと思う。俗に言う裏垢、とかですね。

 

負のエネルギーが渦巻いてしまう場所でもあるけど、SNS世代を生き抜く上ではあってもいいのかなぁと。

 

その負のエネルギーに耐えられないけど、人間関係を円滑に進めていきたいならミュートにして、時々覗けばいい。不意に流れてくるストレスとは異なると思うから。

 

 

 

未だうまく使いきれないSNSだけど、こんな時代に生きてしまったからにはうまく付き合っていきたい。